【三宅島:夕景】宿泊・磯渡船・釣りガイド案内・釣り船・釣り餌販売など三宅島の釣りのすべてに対応します。お気軽にご連絡ください!

スタッフ blog
ちょこっとユウケイ
船長の独り言
携帯サイトはコチラから
「夕景」携帯サイト
ご予約・お問合せ
04994-5-0118
〒100-1212
東京都三宅島三宅村阿古541-1
card_yukei.jpg
buffalo_wifi.jpg
夕景:Facebookページ
総訪問者数:
現在の閲覧者数:

◎船長の独り言

広い海の楽しみ方

 我々釣師にとって、日本に暮らしていることは非常に恵まれていることといえる。
 そのことに気づいているだろうか?
 アメリカ大陸やヨーロッパのことは良く知らないが、日本地図を広げて見ると、常々そう思う。
 南は沖縄から、九州男女群島、四国西南部、和歌山、伊豆諸島、新潟、青森と世界屈指の釣り場が
国のあらゆる海岸線に点在している。
 日本の釣具の開発技術は世界一といわれてるが、それ以上に黒潮、親潮など潮流の恩恵によるところが大きい。

 三宅島は2000年の火山活動によって、全島民が島外に避難することとなった。
 当然、相当な苦労があったわけだが、その中でも自分自身が一番の収穫と思えたのは、「色々な海
を知ることができたこと」。これに尽きる。
 都内で暮らしている間も、伊豆半島、房総半島、三浦半島、新潟県、鹿児島県と色々な海に釣りに出掛けた。
 それぞれ様々な特徴があり、それなりに楽しむことができたが、どこかで不完全燃焼感も生まれた。

【トカラ列島での釣り】                      【西表島のマングローブ】


 それは何故だろうか?
 子供のころから三宅島で育った我々は、小学生の頃から、大人に混じって釣りをし、とこぶし(貝)漁が
解禁となると、やはり一緒に大人と潜ったりして過ごしてきた。
 夏休みのほぼ毎日は海で過ごし、港で遊んでいる最中にカツオ漁の船に乗ったことも沢山ある。
 まさに”海の子”を形成するに相応しい環境で育てられた。

【初夏に上がるキハダマグロ】                 【船長の水揚】

 おそらく、釣りでしか海との接点を持たなかったからではないだろうか?
 もっと色々な角度で海と接していれば、もっと楽しめたのに!と最近では感じるようになった。

 あと2つ!最近強く感じていることがある。
 そろそろ声を大きくして言う人が出てきても良いと思うので、磯釣りシーズン終盤ということで、ぜひ
訴えたい!!!

 これは三宅島の海(釣り)を守る意味で”警告”に近い内容なので、心当たりのない方は読まないで
下さいね。
 また自分は完璧だ!などと傲慢な気持ちは毛頭ないし、強制するつもりもありません。
 要するに自分自身にも言っていることですので、ご了承を。

 まず1点。釣り人の感覚。
 ライフジャケットやスパイクブーツは当たり前。それすら装備しない人は論外。
 俺から言わせりゃ自殺しにきているようなもんです。
 
 「ウネリが高いけど、大丈夫だよ!落ちても上がれるから平気平気!」
 「俺はベテランだから滑ったりしないよ!足元濡れていても平気平気!」
 「船長は波があるって言ってたけど、俺の目じゃ大丈夫だよ!何回も来てるんだから!」
 
 最近感じること、「自然を人間の尺度で測る」傾向が強くなってきたこと。
 人間の力ではどうにもならないのが自然・・・このことを忘れていませんか?
 分かってるよ!いやいやそんな簡単なものじゃありません。
 心の中の少しの傲慢な気持ちが、”多分大丈夫・・・どうにかなる・・・”
 この感覚が少しの油断を生み、大きな事故を起こします。
 「いきなり高波がきてさぁ~」
 何か必ず危険な雰囲気が漂っているはずです。
 自分が磯のガイドに立つとき、危険な雰囲気が漂っていると感じたときは止めるように必ず言います。
 「大丈夫だったよ~」
 それで良いと思っています。事故を起こさなければ又来ることが出来るからです。
 過去にもありました。
 我々はウネリが高くなったので早めに撤収。
 やはり!!同磯にいた自称ベテラン釣師は「何回も来ているから大丈夫!」と豪語し、私が助言したにもかかわらず何分後かに高波にさらわれ、落水。
 幸い近くに漁船がいたため何事もありませんでした。

 安全面だけではありません。
 実際に磯に立って釣りをするときでもそうです!
 「ハリスを変えたから釣れた」「餌のつけ方を変えたから釣れた」
 あくまでも人間本位、人間のちょっとした道具の工夫でどうにかなると思っている。
 そうかもしれません!
 でも根本的には何らかの潮流の影響によるもの以外に原因はありません。
 だって、そんなちょっとした工夫でどうにかなるのなら、100%釣果をたたき出して下さいよ!
 そんなこと出来る人はいません。
 結局、自然は人間の尺度では測れないんです!食うときは食う!食わないときは食わない!
 何をしたってしなくたって、食うとき、食わないときがある!ただそれだけのことです。
 ただ、自然状況の変化には敏感になる必要は充分にあると思います。
 何か変化が起きたとき!良いか悪いか分かりませんが、これまでの状況から変わるということ。
 チャンスかもしれないし、駄目かもしれない!それだけです。

 次にもう1点、釣り人のマナー。
 ゴミを放置したり・・・釣った魚を磯場に残して帰ったり・・・。
 どういう心境からこういった行動に出るのか理解できません。
 おそらく、「ちょっとくらい、少しだしいいだろう・・・」「面倒くさいし・・・誰にも見つからないし・・・」
 「このサンノジよく引いたから名残惜しくって・・・」まあそんなところでしょうね。

【前日の釣りで残されたと思われる多数の死骸】
 
 海にものを捨てて行くということ。
 他の生物の暮らしに悪影響を及ぼすということを知っていながら、そういう行動を起こす心。
 後から入ってくる釣り人が不快な想いをすると知っていながら、他人の迷惑は省みない心。
 要するに自分だけが良ければ良い! 
 これは、釣り人特有のエゴで、これらが「釣り師はマナーが悪い!」と世間で言われる元凶です。
 
 自然を人間の尺度で測ろうとする傲慢な心、油断、周囲の環境に配慮しない釣り人のマナー。
 いずれは、全て自分たち自身にしっぺ返しという形で確実に帰ってきます。
 それは、自分や仲間が大事故で命を落としたり、磯への立ち入り制限が行われたり。
 特にゴミの問題は、なかなか表面化してきませんが、ゆっくりと海の生態系そのものにも影響を及ぼし
ているはずです。
 今まで三本岳にカラスの姿は皆無だったそうです。
 最近ではゴミ目当てに集まり、カンムリウミスズメの生育に悪影響を及ぼしていると野鳥レンジャーに
聞きました。
 釣り人が流したビニールがまとわり着いたカメも確認されています。

 そろそろ真剣に考えなければいけない時期だと思います。
 つい先日、三宅島観光協会の磯釣りの祭典実行委員会によって、海辺のクリーンアップが行われま
した。
 主に地磯のゴミ拾いが中心です。
 これには、開催の主旨に賛同した公務員(教員、保健所、支庁)、釣り関係業者(店、宿、船主)など
100名余りが参加し、大量のゴミが収集されました。

 今後も、”誰かがやってくれるだろう”といった無責任な考え方は捨てて、我々三宅島釣師が中心とな
り自分たちの海を守っていかなければならないと強く感じています。
 もちろん、島外からのお客様にも粘り強く主旨を説明し、環境保持に努めていかなければなりません。
  
 
 

新メニュー開発!

これは、三宅島の船釣りでも磯釣りでも良くお目にかかるただの”ゴマサバ”です。

「食っても脂がねぇ!」
「底釣りの餌を浅瀬でひったくって仕掛が海底まで届かねぇ!」
「定置網では何トンも捕れてしまって始末に困る・・・」

常に三宅島では散々な言われ方をする彼らです。。

しかし!考え方によっては、商売的にも色々な意味でこんなにオイシイ魚はいない!

・・・と思ってしまうのは私だけでしょうか???

三宅島では邪魔者扱いのこの”ゴマサバ”仮に都内の大手デパートの食品コーナーに写真のような

加工品が安値で並んでいたらどうでしょう?

思わず手が伸びてしまうのではないでしょうか?

非常に美味しいこのメニュー”ゴマサバの竜田揚げ”です。

中華料理 【清華】久々に会いに行ってきました。

昨年のシマノジャパンカップが中止となった際、常連のMさんに連れて行ってもらったお店。

過去のHPでも何度か紹介しましたが、今回所用で上京した際に久々に会いに行ってきました。

場所は大田区内の環七通り、沢田交差点です。

この店の名物”地獄ラーメン”

ここにきたらこれを食べなきゃ駄目でしょ!?

このようにランク分けがしてあります。

常連のMさん(左) ガイドを手伝う木村君(右)

彼らは普通辛にヒーヒー言ってました!まだまだ未熟!

さて、このお店はなんと言っても風情を感じられる、東京では貴重な存在です。

中華料理店に”ほうれんそうお浸し””赤ウインナー炒め”・・・。

我々酒飲みの気持ちをマスターが良く分かってくれています。

そこに常連さんが集まる理由があるんだと思います。

また行って見よう~~マスター!奥さん!待ってって下さいね。

今度は三宅島のお土産を持って行きますね!

春が近いんじゃなかったけ??

今日のこの寒さは半端しゃありません!

つい一昨日まではポカポカ陽気だったのに、この変わりよう・・・

雄山付近は大雪で積もっています。三宅島では珍しい景色ですよ。ほとんど積もることはありません。

東京でも今朝の天気予報では気温2度といっていましたもんね。

磯釣り、船釣り、もちろん漁業もできませ~~ん!

遠い三本岳、ウネリに囲まれて真っ白になっています。

恐らく週末くらいまで、渡れる日はないだろうな・・・

国際フィッシングショー2009へ

三宅島は噴火災害によって島外避難となりました。

帰島後に観光産業を復活、また発展させようと、様々な取り組みがされています。

その中のひとつが「三宅島磯釣りの祭典」という磯釣り大会のイベント。


毎年100名以上が参加し、40cmを超えるメジナが何十匹もエントリーされるという、伊豆半島などでは

考えられない釣果が出るこのイベント、実は様々な企業、団体などから多大なる支援、協力を得て運営

されています。

具体的には、助言を頂いたり、協賛品を提供していただいたりと様々です。

当然、企業や団体としても、復興支援が第一の目的ではあるものの、釣り餌の一部規制の問題解決

に向けた取り組みや海岸のゴミ対策など、我々のそれらに対する動きに期待を寄せているもの確かだ

と思います。


まず、来年で3回目を迎えるこの大会、この辺で一旦落ち着いて、今後、三宅島の釣り産業はどの方向

に進んでいけば良いのか?を考えなければなりません。

その第一歩として、三宅島に期待をしてくれている各企業や団体にお礼の挨拶と現状報告、また今後

の方向性など様々な話をするために、三宅村、観光協会、磯釣りの祭典実行委員会と一体になって、

出かけてきます。

久々に千葉県鴨川市へ・・・

噴火災害による島外避難から帰島して本日で5年目。

その避難中に頻繁に釣りに通っていた千葉県の鴨川に遊びに行ってきました。

「舟付」という温泉旅館。なんといっても海鮮料理が自慢です。

この辺で取れる豊富な資源 イサキ、アワビ、サザエ、スズキ、アジなどなど盛りだくさんです。

三宅島でも良くお目にかかるキンメダイ。地方によって少し味付けが異なります。

ご主人と女将さん

食事中にメニューや周辺地域の歴史など色々と楽しいお話をしていただきました。

さてさて、鴨川といえば、「鴨川シーワールド」が有名ですよね?

シャチを生で見たことがなかったので行って見ました。海の王者らしいです。

けっこう可愛らしい顔をしています。芸も達者で多くのお客さんを楽しませていました。


近くの磯で釣り人がいたら、見に行こうと思っていましたが、大荒れの天気。帰りの船は平気かな??

結局、海の具合が心配で、飛行機で帰ってきました。

明日からまたバリバリと頑張りますよ~~!!

それにしても凪ないなぁ~渡船も漁業もできないよ(泣)~

今日も時化・・・というか毎日時化・・・間鼻のハナレ沖から三本岳に向かって奔流が流れています。

この時期は漁業では、キンメ鯛やメダイ、水温次第ではキハダマグロが獲れます。

渡船では、この潮のときはマカド根と青根、間の根が混雑します。

どういう流れのメカニズムなのかはご来島の際にご説明いたします。

ところで去年あたりから低気圧の間隔が狭くなってきているような気がしませんか?

勘違いだったらゴメンナサイ、でも一昨年は結構三本岳にも渡船できたし、漁業も好調だったよなぁ~。

温暖化の影響なのか、大きな地球のサイクルの一部なのか分かりませんが、困ったものです。

何が困るって?定期船や飛行機の欠航、渡船はできない、要するにお客様が来たくても来られない。

三宅島の場合は、「釣れない」ではなくて、「まともな釣りにならない」というのが正直なところ。

とにかく、凪を祈る毎日です。

船と港と海のお正月

皆さん、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいいたします。

無事故と大漁、そして皆様にとって良い釣りができる年となりますように・・・。

さて今年も盛大に船祝いが行われました。

伊勢海老やキンメダイなどが振舞われ、すごく盛大でした。

みかん以外にも駄菓子や生活用品なんかも撒かれました。

家族や親戚、また常連のお客さまとの宴会で盛り上がるのもこの日です。

さてさて、今冬のメジナシーズン、春秋の船釣りシーズンがどうなるのか?!

今年もがんばっていきます。

冬本番!ついに来てしまいました西風!

ついに!というか、やっぱり!というか、予想どおり!というか、三宅島を象徴する

”西風シーズン”がいつもどおり到来してしまいました。

年末も差し迫り、正月の荷物がストップしたり、釣りを楽しみに来られるお客様のヤル気に

水を差すことが増えて参りました。

天気予報もいつの間にか「明日の天気は?」ではなく、「次の凪はいつになるだろう?」

と変な見方になってきます。

「大陸の高気圧の等圧線の数や、北海道の低気圧の渦のスピードなんかを計算して、おそらく

あと2日くらいで凪て来るだろう・・・」

「いや、南の方にきっと低気圧ができるんじゃないか??」

という具合にそれぞれの情報や経験で推理するんです。

稀に天気予報も大きく外れることがあります。それがラッキーだったり、「そんなはずじゃなかった・・・」

ということになったり・・・。

これからのシーズンは極端に三本岳への渡船率が下がってしまいます。

これは残念なことですが、自然が相手ですから仕方ありません。

でも、だからこそ!夢のフィールドなんです!

”絶海の孤島”・・・風を遮ることも、波の影になる根もありません。

川のような奔流、魅力的な地形、ひとたび時合に当たった時の爆発的な釣果・・・

どれを取っても日本一のフィールドだと信じています。

八丈島の仲間たち

三宅島で出会った釣り仲間は数知れず・・・。

皆、三本岳での大型メジナとのバトル、また絶海の孤島のロケーションを楽しみにしてくれます。

そんな中で、噴火災害による島外避難から帰島して間もない頃、夕景を手伝ってくれていた(今でも)

内藤さん、仕事の関係で今年、八丈島に転勤されました。

三宅島の地磯ガイド、三本岳の渡船補助、共栄荘との大会など常に関わってくれたスタッフです。

そうです・・・あの忌々しい敗北、先月のVS共栄荘には参加できず・・・。

そこで八丈島でお馴染みで大会レギュラーでもあるTコウさんがある画像を送ってくれました。

やっぱり仲間だねぇ・・・同じ思いを共有できて、皆喜んでますよ、きっと、必ず。

そして、次回はきっと勝ちましょう。

海を通じて知り合う仲間たち・・・いいものです。

1 2 3