【三宅島:夕景】宿泊・磯渡船・釣りガイド案内・釣り船・釣り餌販売など三宅島の釣りのすべてに対応します。お気軽にご連絡ください!

スタッフ blog
ちょこっとユウケイ
船長の独り言
携帯サイトはコチラから
「夕景」携帯サイト
ご予約・お問合せ
04994-5-0118
〒100-1212
東京都三宅島三宅村阿古541-1
card_yukei.jpg
buffalo_wifi.jpg
夕景:Facebookページ
総訪問者数:
現在の閲覧者数:

◎釣果情報

本日は地磯釣行でした。

本日は漁協の総会のため遊漁船はすべてお休み。

早朝、「伊豆下」に入りましたが、ウネリでバッカンが流され「ツチカタ」で出直し。
「ここは夕マズメしか食わないよ!」というのが世間の定説になっていますが、そんなことはありません!
潮が入っていれば日中でも関係なし!

短時間で良型が出ます!

明日は風の強さ次第で三本岳渡船を予定しています。

昨日の地磯と本日の三本岳釣果!

まずは昨日の地磯から。

夕方の「タイ根」で良型が連発しました!

さて、本日は三本岳へ。

凪でしたが天気予報は外れて、南東から東よりの風。

凪なのはうれしい限りですが前回と異なり一向に潮の流れが強まりません。
口太、イスズミが大多数!!

しかし、チャカ場でサラシの際を狙い続けていた平塚さんが自己記録更新!

見事に50.6㎝の尾長メジナをゲットしました。

口太も良型ばかり!

不調とは言いつつも50㎝超が連日出ています!

本日は三本岳へ!

そろそろ春の陽気!三宅島周辺の天気予報の「凪」も当てになるようになってきました!

本日の住吉丸は常連の石鯛師と夕景合わせて13名での渡船、久々に盛況でした。

ベタ凪かと思われましたが三本岳に到着してみると南からのウネリが大きく「マカド根」とギリギリの波の状況で「間の根」に渡船しました。

青根とエビ根には他船が着けました。

間の根では「いかにも良さそう!」という感じでしたがワンド内は大型のツバメウオの大群が撤収まで群れており、その他の魚の魚影はなし!エサが取られないまま終了でした。

しかし一方のマカド根では・・・

橋本さん(右)の尾長は50㎝を少し超えるグッドサイズでした!

小林さん(左)は㎏クラスのシマアジをキープ。

終盤にサメが2尾姿を見せたようですがさほど大きな被害はなかったようです。

三本岳の渡船率も上がってきました!ぜひご来島下さい!

本日は三本岳へ!

そろそろ春の陽気!三宅島周辺の天気予報の「凪」も当てになるようになってきました!

本日の住吉丸は常連の石鯛師と夕景合わせて13名での渡船、久々に盛況でした。

ベタ凪かと思われましたが三本岳に到着してみると南からのウネリが大きく「マカド根」とギリギリの波の状況で「間の根」に渡船しました。

青根とエビ根には他船が着けました。

間の根では「いかにも良さそう!」という感じでしたがワンド内は大型のツバメウオの大群が撤収まで群れており、その他の魚の魚影はなし!エサが取られないまま終了でした。

しかし一方のマカド根では・・・

橋本さん(右)の尾長は50㎝を少し超えるグッドサイズでした!

小林さん(左)は㎏クラスのシマアジをキープ。

終盤にサメが2尾姿を見せたようですがさほど大きな被害はなかったようです。

三本岳の渡船率も上がってきました!ぜひご来島下さい!

土曜日の地磯釣果

3/21は例年どおり「彼岸法要」のため遊漁船は休業でした。

もったいないほどのベタ凪のなか地磯に出かけました。
「シンズシロ」の先端に2名、「クンドウラ」に1名、「大長根」に2名、「イシャジリ」に3名と分かれての釣行でした。
【イシャジリの様子】

ご覧のとおりベタ凪でほとんど潮も流れず当然のように苦戦を強いられました・・・。
しかし、潮が流れた短時間で

どうにか良型をゲットしました。

午前中はどのポイントも同じような釣りになったようです。

そして午後から期待の夕マズメにかけては良い釣りになりました!

ワシ鼻での釣果


温泉下での釣果

水温の安定で釣果にも期待が持てるようになってきました!

午前中の地磯で爆釣!

本日は三本岳渡船ができるほどの凪。
人数が集まらなかったため渡船は断念し、地磯へ。

三宅島北部の「前が浜」に入りました。

この磯は凪の日限定で入ることができ、少し海面がざわついているようなときに好釣果に恵まれます。

釣り開始当初は風もサラシも強かったため仕掛けがうまく流せず、数が伸びませんでしたが干潮時間間際になって連発!


午前中だけで二人で20尾以上の尾長と口太をキープ。
最大は46㎝でした。

本日の地磯釣果

本日は明け方に北東風に変わったためウネリが出てしまい予定していた地磯ハナレへの渡船は中止となりました。
そして向かった先は「ママ」。

当て潮が速くほとんど釣りが成立しない厳しい状況でした。
サラシが大きく広がり、仕掛けが落ち着いたときにポツポツとコッパ尾長が食ってくる程度でキープは尾長40㎝級1尾のみでした。

そして午後…向かった先は最近好調の「ツチカタ」。

最初から最後まで25㎝~35㎝までのコッパ尾長が入れ食い状態で、時折大型の引きを見せるのは50㎝級のニザダイ。


どうにかお土産はキープしましたが非常に忙しい釣りでした。

明日も地磯釣行の予定です。

本日は約2か月ぶりに三本岳へ


本日は南東の風のため他の根には渡れず「マカド根」への渡船となりました。
約2ヶ月ぶりの渡船ということで前情報は一切ありませんが、確認したところ水温は17.6℃と悪くなさそうでした。

しかし釣りを開始するとすぐにタカベとイスズミの猛襲が始まりました。


そんななかでもポツポツ45㎝級の尾長と口太が混じりました。

サメの姿は後半見られましたがほとんど釣りには関係ありませんでした。

そして午後・・・。
居残りの方と昨日好調だった「ツチカタ」に入りました。

海は1日とて同じ状況の日はありません、本日はサラシも弱く潮もさほど流れず35㎝から上のサイズがなかなか食ってこない厳しい状況でした。

しかしやはり夕マズメになると


良型の尾長を2人で10数尾キープすることができました。

明日も地磯釣行の予定です。

風波ともに弱まり好釣果!久々です!

本日は三本岳に渡船できるほどではありませんが、西風が弱まり三宅島西部の地磯に入ることができました。

日が昇る時間帯も早くなり大体5時40分くらいには明るくなります。

さて午前中に向かった先は「タイ根」。


5人で高場、ワンド口、ワンド内と分かれて入りました。
数は高場が圧倒的でしたが見事に全員安打でした。

そして午後からは「温泉下」と「ツチカタ」に分かれて入りました。

ツチカタは波でほとんど水没していましたが、潮位が低くどうにか釣りが成立しました。

午前中、写真を撮り忘れてしまったので1人だけ掲載します!(Iさんスミマセン…)

両磯ともに夕マズメにコッパ交じりで良型の尾長が連発しました。

久しぶりにスカッとする釣果に恵まれました。

明日の予定は天気予報次第で未定です。

本日も西風強く寒い地磯釣行になりました。

本日も西風が強いなか、村上様2名が来島されました。
初めての三宅島のため歩く距離が短い地磯が良いということで「エデン下の磯」に入りました。
水温は17℃台で安定しているとの情報でしたが午前中はコッパの嵐。
午後に入ると


釣れ始めましたが続きません・・・。

尾長、口太合わせて5尾キープしたところで時合は終わり、期待していた夕マズメはエサが取られなくなり終了となりました。

明日は地磯釣行の予定です。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11